多様な人材が働く環境が強み。
ダイバーシティマネジメントで広がる働き方の追求

上田 真弓Mayumi Ueda

経営企画部 CSR推進・業務改善推進担当

2002年入社

現在のお仕事内容を教えて下さい。
社員一人ひとりが「働きがい」と「働きやすさ」を感じて仕事に取り組んでいけるよう、ダイバーシティ&インクルージョンの観点から職場環境の活性化につながる活動を行っています。具体的には、多様な人材が活躍できる環境づくり、女性活躍の推進、ワーク・ライフ・バランスの推進等を目的とした施策を企画・運営し、個々の力を最大限に発揮できる職場風土や社員一人ひとりの意識醸成をめざして取り組んでいます。
また、業務の品質向上・効率化を促進する業務改善活動も行っています。変化や多様性が必要となる市場の動きの中では、変化をおそれない体制づくりが大切になると考えています。他にも、環境への取組みや社内の一体感を醸成していく社内広報活動等も行っています。
仕事の中でのやりがいや苦労を教えて下さい。
「お客様の笑顔」や「働く仲間の笑顔」を感じられた時に、やりがいを感じます。お客様との関わり方は業務によって異なるため直接的な場合と間接的な場合がありますが、どんな大変な仕事であっても、最後に「ありがとう」という言葉をもらえると、やっていて良かったと感じ、次への活力につながります。
現在は管理者としてチームメンバーとの関わりもありますが、一緒に働くメンバー一人ひとりがやりがいを持って業務に取り組み、成果を共有できたときにも喜びを感じます。
  • 今後、チャレンジしたいことを教えて下さい。

    これまで、お客様との直接的な接点を持つコールセンター部門、そのコールセンターを支援する部門、会社全体を見る本社部門と様々な役割・立場から業務に携わってきました。その中で得られた経験や視野を活かしつつ、またドコモのお客様サービスを支えるフロント部門を担う立場として、お客様との「絆」を大切にして、「新しい価値」の提供や「驚きと感動」をお届けできる仕事に携わっていきたいです。
    また、これまで支えてくれた上司・先輩から学んだことや業務で得られた知識・経験を無駄にしないよう、後輩の方々にも伝え、繋げていくことができたらと考えています。

入社して分かったサポート社の魅力について教えて下さい。
●お客様との接点を持つフロント部門の面白さ
・・・お客様ニーズの変化やドコモに対するお客様の反応をリアルに感じられます。
●一緒に働く社員の優しさと思いやり
・・・会社はチームで動いています。一緒に悩み、温かく支えてくれる魅力的な上司・先輩・同僚・部下がたくさんいます。
●ダイバーシティを推進する企業風土
・・・女性社員比率が高く、ライフスタイルに変化が起きやすい女性でも働き続けやすい環境や制度が充実しています。
  • 学生へのメッセージをお願いします。

    年齢や性別に関わらず、いろいろな方が活躍できる職場です。またチャレンジや変革を後押ししてくれる風土があります。事業環境の激化やお客様ニーズの多様化により、対応力や柔軟さが求められ、難しく大変な部分もありますが、社会との関わりも深く、とてもやりがいのある仕事です。一緒に成長していける仲間が増えることを楽しみにしています。

私の原動力(オフタイム)

オフタイムは、職場のメンバーとご飯を食べに行ったり趣味のフラダンスで体を動かしたりして過ごしています。オン・オフをしっかり切り替えることは、気持ちをリフレッシュできるだけでなく、時間の使い方も意識するようになり、生活にメリハリをつけることで、仕事もプライベートも充実した毎日を過ごすことができています。また、友達と計画している海外旅行も仕事を頑張るモチベーションになっています。