5Gによって生まれるビジネスの“種”
人々の暮らしがもっと便利で快適になることをめざして

服部 慎也Shinya Hattori

総務部(NTTドコモ出向)5G・IoTソリューション推進室

2005年入社

現在のお仕事内容を教えて下さい。
現在、NTTドコモ 法人ビジネス本部 5Gソリューション関連の部署へ出向しています。
ドコモの法人部門では、各分野で強みを持ったパートナー様と一緒に、新しい通信技術である『5G』を組み合わせたサービス・ソリューションを"共創"し、社会課題を解決していく事を目標の1つにしています。
その取組みの一つとして、昨年9月の5Gプレサービス開始以降、パートナー様と一緒に5Gプレサービスを利用した実証事例の100案件創出を目標に取り組んでいますが、実証案件を実施するための支援や、その先にある「ソリュション化・商用化」に向けた業務をしています。
仕事の中でのやりがいや苦労を教えて下さい。
私は入社以来、「お客様応対」・「応対用のコンテンツ作成」・「入電数の予測業務」等コールセンター関連の業務を経験してきましたが、今回初めて法人営業業務に携わりました。
初めて法人営業に携わったため、「人」・「組織」・「仕事の進め方/価値の置き方」が今までと違い苦労する事が多いです。また、ドコモ本社に出向するという事で、自分で目標達成のための計画を作り、仕事を推し進めていくパワーがより求められていると思いますが、自分で物事を判断できる裁量権をもっていることも多く、仕事の達成感・やりがい大変大きいものがあります。
業務が変わっても働きがいとして共通していることは、「お客様が喜んで頂けること」。さらにそれが「社会に貢献できる事」だと思います、コールセンターであれば、お電話を頂いた個人のお客様、現在出向中の法人部門であれば法人のお客様が携帯電話やサービス、ソリューションを満足してご利用していただき、それを通じて、より良い社会に貢献できることもやりがいです。
  • 今後、チャレンジしたいことを教えて下さい。

    今後、5Gのエリアは広がり、対応機種も増え、特別なものでは無く一般的な物になって行くと思います。また、そうなることによって利用するお客様も増え、アイディアも増え、加速度的に環境が変わっていくと思っていますが、お客様に喜ばれるソリューションを先回りして生み出す事ができる体制を私は支援していきたいです。また、現在出向している法人ビジネス部門は、非常に勉強になることが多いため、出向復帰した場合はサポート社にこのノウハウを持ち帰り、価値の高い仕事ができるよう貢献していきたいです。

入社して分かったサポート社の魅力について教えて下さい。
サポート社は多様な立場のメンバーと向き合う機会が多い会社ですが、色々な考えを結集し、ひとつの目標に向かって団結した時の“チカラ”はとても大きく、魅力的です!
また、お客様対応をしている部門も多く、お客様対応をしていた社員も多いため、お客様目線で無い事やお客様対応する担当者が困ってしまうような案件・事例に関しては厳しいところが好きです。
サポート社は上司・先輩・同僚・後輩等“、人と人との絆”が固く、相談も大変しやすく仕事が働きやすい職場です。出向中に業務の都合でサポート社に戻った時は、なにか「ホッ」とする実家のような不思議な感覚があります。
  • 学生へのメッセージをお願いします。

    サポート社に入社して、すべてが楽しかったということはありません。時には、悩み・厳しい状況もありました。そんな時、私を支えてくれたのは、サポート社の仲間です。
    現在は、コールセンター関連の業務やWebポータルサイト構築・関連センターの運営等の業務を柱に事業運営していますが、今後の新しいサービスや技術、ドコモの方向性によって新しい業務が増加したり、現在の業務内容が変わったりと、今後も大きく変化していくため、変化や新しい事にチャレンジしたいと思っている、楽しめる方を待っています。また、ドコモグループの重要なお客様接点を担う機能分担会社として、お客さまのために、よりよい社会づくりを目指して。同じ志をもつ熱い想いのある方を待っています。

私の原動力(オフタイム)

子供も大きくなってきたため、休日は少し遠出し、出かける事が休みの日の楽しみです。
もう少し大きくなったら、もっと遠出できると思い、地図を眺めるのも好きです。