よく学び・よく働き・よく遊び・よく休む
仕事とプライベートの充実で自分磨き

蘓田 貴央Takahiro Soda

らくらくホンセンター

2017年入社

現在のお仕事内容を教えて下さい。
2017年に採用され、現在はインフォメーションセンターに配属となり、“スーパーバイザー”という役職で、お客さま応対を行うコミュニケーターの応対フォロー・育成を行っています。
お客さまにドコモのケータイを“あんしん・安全・快適”にご利用いただくため、お問い合わせに対して、コミュニケーターが分かりやすく“伝わる”トークスキルを身につけられるよう指導するとともに、お客さまに寄り添うマインドを醸成することを大切に、育成を行っています。
仕事の中でのやりがいや苦労を教えて下さい。
コミュニケーターの育成を行う中で、コミュニケーターが自身で決めた目標を達成し喜んでいる姿を見た時には、私もやりがいを感じています。人と人の繋がりを大切にしている職場であるからこそ、仕事においての喜びや大変さを共有しています。
仕事の中で苦労したなと思い起こされることは、お客さまに“伝わる”トークスキルを身につけることです。
在のスーパーバイザーに着任する前には、私もコミュニケーターとしてお客さま応対を行っていました。
“伝わる”言い回しや伝え方を身につけるまでには、悩むこともありましたが、その都度私を担当していたスーパーバイザーが支えてくれました。大変だったことも今の業務に活かされているため、必要な経験だったと感じています。
  • 今後、チャレンジしたいことを教えて下さい。

    インフォメーションセンターでの経験を活かし、変容していく社会の中でも、お客さまに満足していただけるとともに、働く“人”が働きやすいインフォメーションセンターを実現し続けていくために、企画・運営に携わる仕事がしたいです。
    またドコモ・サポートは、Web上のお客さま接点の場であるオンラインサービス運営業務を行っているため、新たなフィールドで知識を深め、新しいスキルを習得するためにチャレンジし続けていきたいです。

入社して分かったサポート社の魅力について教えて下さい。
私が考えるドコモ・サポートの魅力は、大きく分けて4つです。
1つ目は人が温かい。お客さまはもちろん、働いている“人”に寄り添う風土があります。
2つ目は成長を実感できる。若手を育てようとする環境があり、早くから様々な経験に挑戦させていただくことができるため、社会人として成長できていると実感しています。もちろん、大変な時はありますが。(笑)
3つ目は長い社会人人生の中で、様々な仕事をすることができる。会社説明会で、組織図をご紹介していますが、多くの部署が連携して仕事をしているため、多様な経験を積むことができます。
4つ目は生活との両立がしやすい。年次休暇の取得率100%の企業であり、休暇が取りやすいです。
  • 学生へのメッセージをお願いします。

    仕事内容、やりがい、給与や福利厚生など、社会人になり仕事をするうえで、大切にしたいことは人それぞれあると思います。その大切にしたいことを就職活動の核として、様々な企業を知っていただきたいと思います。
    私は、就職活動を通して弊社の人の温かさと、様々な仕事をすることができるという魅力に気づき、入社を決めました。もちろん入社前なので想像の範囲でしたが、様々な企業を知ろうとしていたことで最後の大きな決断をできたと考えています。
    皆さんが就職活動を終えたときに、入社が待ち遠しいと思える企業と出会えることを願っています。
    また、その会社がドコモ・サポートであればとても嬉しいです。お待ちしています。

私の原動力(オフタイム)

私のオフのモットーは“よく遊び、よく休む”です。
学生時代からの友人と旅行や、飲み会で楽しく騒ぎ職場の先輩と、ジムやキャンプに行き、リフレッシュしています。
それでも、体が資本ですので時には思いっきり家でのんびり過ごすこともあります。