より安心に、より満足に。
お客さまからいただく「ありがとう」が元気の源

大槻 桃子Momoko Otsuki

東京インフォメーションセンター

2018年入社

学生時代学んでいたことを教えて下さい。
主に『社会学』を学び、専攻していました。
学生時代の学びを通して、『目の前のことに対し当たり前だと感じて過ごすのではなく、常に疑問を抱き、第三者の目線で、俯瞰して物事を考えていくこと』の大切さを学びました。
この考えは現在の業務でも役に立っており、今あることに対して流されずに、常に第三者の目線で自分自身の考えを持ち、発信することを心がけながら業務に取り組んでいます。
志望動機/入社理由を教えて下さい。

私が弊社に入社した理由は2つあります。
一つは、『お客さまの悩みや相談に対し、サービス提案等を行うことで、人の役に立ちたい」と考えたからです。学生時代、接客業のアルバイト経験を生かして、今までに経験をしたことのない電話応対にチャレンジをし、お客さまに対面・非対面関係なく常に満足をしていただけるような環境を作っていきたいと考えました。
もう一つは、『人の優しさ』です。就職活動の期間から、採用担当者の方と面談をする機会があり、就職活動の相談まで聞いていただきました。また、面接時に役員の方からも緊張している私に対して声をかけてくれて、自分の思いを落ち着いてしっかりと伝えられました。
入社後も人の良さは変わらず、入社して良かったと改めて感じています。

現在のお仕事内容を教えて下さい。
ドコモインフォメーションセンターで、お客さま対応業務を行っています。全国のお客様から電話でお問い合わせ承り、料金やサービス・各種手続きのご案内など、総合案内業務に従事しています。
また、現在はお客さまと直接応対をするコミュニケーターの応対フォローや新人研修にも携わり、教わる人の目線になって育成を行っていることはもちろんのこと、教えることを通して自分のスキルの棚卸しを行いながら、一生懸命に取り組んでいます。
仕事の中でのやりがいや苦労を教えて下さい。
お客さまから「あなたとお話ができて良かった」・「ドコモを利用して良かった」とあたたかいお言葉をいただけたときです。日々、お客さま目線で喜んでいただけるように業務へ取り組んでいるため、お客さまから「ありがとう」の感謝のお言葉は、本当にうれしく、もっと頑張ろうと思います。
また、自分が育成を担当したコミュニケーターが、お客さまから感謝の言葉を頂いている姿やできなかったことができるようになった姿、その事を嬉しそうにコミュニケーターが報告をしてくれる時は、とても嬉しくやりがいを感じます。
  • 今後、チャレンジしたいことを教えて下さい。

    今後も、“お客さまにより安心に、より快適に”ドコモのケータイ電話をお使いいただけるよう、お客さま応対をしっかりと努めることはもちろんのこと、インフォメーションセンターで働く仲間が働きやすい環境を考えていきたいです。
    さらに、お客さまから頂いた貴重なお声や働く仲間からの気づきの声等を取りまとめ・分析し、サービス提言に努め改善する仕事に携わり、チャレンジしたいです!

入社して分かったサポート社の魅力について教えて下さい。
『誰もが活躍できる環境』と『働きやすい環境』が、サポート社にはあります。
上司・先輩や同僚など、多様な立場の方とコミュニケーションをとる機会が多く、チャレンジしたいと手を挙げれば、親身に話を聴き、その機会を設け、一緒になって取り組んでくれます。
自分が悩み、つまずきそうになった時は、そっと手を差し伸べてくれる人が必ずいて、自分のやる気・モチベーションをさらに上げ、やり遂げる方向に導いてくれる。そんな環境が、サポート社にはあります。
お客さまはもちろん、働く人にも優しいサポート社は、入社前から変わらず魅力的な会社です。
  • 学生へのメッセージをお願いします。

    私たちは、お客さまのお役に立つことを考え、もし、お客さまにご迷惑をおかけするようなことがあれば、しっかりと提言し、改善する。常にお客さま目線で日々の仕事を行っています。
    そして、社内においては、サポートで働く仲間を大切にし、相手の立場に立って行動する・行動できる社員がいる会社です。そのような社風の中で、年代関係なく様々なことにチャレンジする環境を与えてくれます。
    これから、自分で考え行動し、いろいろなことに挑戦をしていきたいと思っている方に、是非おすすめしたい“私の自慢の会社”です。

私の原動力(オフタイム)

お休みの日は、温泉巡りをして、現地でおいしいものを食べて、自然と共にリフレッシュしています。
また、好きなアーティストのライブがある時は、1時間単位で休暇を取得することができるので、友人とライブに行っています。
制度や環境がとても充実しているので、オンとオフを切り替えて、心と体を整えて、仕事にも全力で取り組めます。