変化の激しい通信業界
変化を楽しみチャレンジ実現

森川 晴也Haruya Morikawa

コンテンツデザインセンター

2019年入社

学生時代学んでいたことを教えて下さい。
素粒子物理学(実験)の研究室に所属していました。将来用いられるニュートリノ検出器の性能評価をテーマとして、実験や解析に取り組んでいました。解析ツールの作成や物理理論など、初めて学ぶことが多く大変でしたが、周囲の助けもあり、なんとか成果物として形にすることができました。
志望動機/入社理由を教えて下さい。

私がサポート社に入社した理由は大きく3つあります。
一つ目は、社会インフラとしてパートナー企業と協創して豊かな未来を実現していく通信業界に興味があったからです。新たな知識を吸収し、社会の役に立つ仕事の一翼を担いたいと感じました。
二つ目は、「仕事」と「プライベート」、両方の充実を図りたいと考えたからです。ドコモグループは、フレックス勤務や資格取得支援など、働きやすい制度が充実しています。
三つ目は、採用担当の方とお話しする中で「人にやさしく」の社風を感じたからです。入社までに複数回、社員の方と直接お話しする機会も設けていただき、不安なく入社することができました。

現在のお仕事内容を教えて下さい。
現在、主に2種類の運用業務を担当しています。
一つは、Web上でドコモのサービス申し込みや各種手続きができる「My docomo」に表示されるバナーやテキスト広告の運用業務です。
もう一つは、全国のコールセンターやドコモショップのスタッフが利用する支援システムの運用業務です。
両者に共通することは、“お客さま一人ひとりに合わせた商材を表示することで、より効果の高いマーケティングを目指している”点です。表示して終わりではなく、お客さまの反応をモニターしながら、さらにお客さまにとってより便利に、快適にお使いいただけるよう、様々な工夫も凝らしています。
仕事の中でのやりがいや苦労を教えて下さい。
現在、入社1年目ながら開発中のシステムの運用にも携わり、チャレンジさせていただいています。
自分自身で考え・提案し、時には仕様が何度も変更になったりと苦労することは少なくありませんが、その反面、開発部門との連携など、定型外の業務も多く任せていただけることにやりがいを感じています。
  • 今後、チャレンジしたいことを教えて下さい。

    現在、取り組んでいる新システムの開発はもちろんのことですが、直近ではツール作成や仕組みづくりを通して、私が思う「働き方改革(=業務の効率化)」にチャレンジしたいです。
    将来的には(理系のバックグラウンドを生かして)技術部門との橋渡しや組織のマネジメント等、業務の幅を増やしたい!それが“私のチャレンジ”です!

入社して分かったサポート社の魅力について教えて下さい。
「人にやさしく」の社風は入社して改めて実感しました。
上司・先輩・同僚社員、皆さんよく話を聴き、私の考えや意見も尊重してくれます。具体的には、相談した時は皆さん自分の手を止めて、顔を見て話しを聴き、的確なアドバイス・気づきを与えてくれます。おかげさまで、「用事があるけど、話しかけづらい……」と感じたことはありません。
私も仕事に限らず、私生活においてもこの良き社風を大事にしていきたいと思います。
  • 学生へのメッセージをお願いします。

    変化の激しい通信業界は今後ますます面白くなると思います。その中でドコモ・サポート社の業務内容も必要に応じて変化していくはずです。弊社がどのように変わってきたのか、これから変わっていくのか、まずは好奇心をもってエントリーしてみてください。皆さんとお逢いし、一緒に仕事ができることを私も楽しみにしています!

私の原動力(オフタイム)

家や映画館で映画鑑賞が最近の趣味です。他には専らゲームしたり読書したりしています。
とはいえ、最も幸せを感じるのは、猫といるときです。何をしていても(していなくても)本当にかわいい。家で猫が待っていると思うと今日も仕事を頑張れます。